2010年04月13日

<集英社>「non・no」月1回の発行に(毎日新聞)

 集英社は7日、ファッション誌「non・no」(ノンノ)の発行を9月18日発売の11月号から月1回に減らすと発表した。同誌は1971年5月の創刊以来、月2回発行を続け、20代前半を中心とした女性に支持されてきた。最高部数は98年1月発売の合併号の153万部。だが、最近は通常号が32万〜35万部、合併号が50万部という。集英社広報部は「読者ニーズの変化に応じて、密度の濃い情報は雑誌で、最新情報はインターネットなどで発信することにした」と説明している。

【関連ニュース】
今週の新刊:「ワンピース」「ナルト」ジャンプ勢登場 「バクマン。」も
今週の新刊:「ブリーチ」「こち亀」ジャンプの人気作登場 「カイジ」最新刊も
はじめの1巻:「血界戦線」(集英社) 「トライガン」の内藤泰弘がジャンプSQに
今週の新刊:「NARUTO」「バクマン。」ジャンプの人気作登場 「JIN」最新刊も
迷い猫オーバーラン!:ツン美少女続々の人気ラノベがアニメ化 ジャンプSQでマンガ化も

名張毒ぶどう酒、高裁差し戻し=再審取り消し破棄−「さらに科学的検討を」・最高裁(時事通信)
喫煙率、男性は減少傾向、女性は30、40歳代で増加傾向(医療介護CBニュース)
「すぐにでも宇宙に」思い募る=油井さんら宇宙飛行士候補3人会見(時事通信)
外相と米大使が会談=普天間めぐり意見交換(時事通信)
山崎さん、機体点検の初仕事=7日宇宙基地へ−野口さんら「すしパーティー」(時事通信)
posted by コイデ ケンイチ at 17:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

<判決文偽造>元書記官に懲役11年 さいたま地裁判決(毎日新聞)

 偽造判決文や架空の人物の戸籍を使い、高齢者の相続金など計約7000万円をだまし取ったなどとして、詐欺や虚偽公文書作成・同行使などの罪に問われた京都市伏見区、元京都家裁書記官、広田照彦被告(37)に対し、さいたま地裁(田村真裁判長)は25日、懲役11年(求刑・懲役15年)を言い渡した。

 判決は「職務上得た知識や個人情報を悪用し、裁判所への国民の信頼を失墜させた」と指摘した。さらに「マンション5物件や金融商品を購入して私腹を肥やした。書記官への信頼を逆手に取り、悪質さ、大胆さは前代未聞」と述べた。

 広田被告の起訴内容は六つあったが、うち二つについては「取り調べに自発的に供述した」として自首を認めた。

 判決後、田村裁判長は「国民の信頼に応えるために日々努力する(裁判所)職員の努力を無にした。まじめに服役して人生をやり直してほしい」と説諭した。

 判決によると、広田被告は07年、強制競売の余剰金約3345万円が受け取られずに法務局に供託されたことを知り、偽の判決文でそれをだまし取ったりした。【飼手勇介】

【関連ニュース】
収受容疑:弘道会系組長ら再逮捕 警視庁
東京地裁:詐欺判決で朗読ミス 被害者を1人多く読み上げ
国民年金詐取:容疑の弘道会系組長に逮捕状…警視庁
振り込め詐欺:「キング」に懲役20年判決…東京地裁
街頭募金詐欺:被害特定できなくても罪成立 最高裁

花会式前にお身拭い 奈良・薬師寺(産経新聞)
<内閣情報官>三谷秀史氏が退任 後任に植松信一氏(毎日新聞)
金子みすゞ展 大阪で開幕…没後80年、大丸心斎橋店(毎日新聞)
<唐招提寺>第86世長老に堀木教恩師(毎日新聞)
病院の規模で収入傾向が2極化―帝国データ(医療介護CBニュース)
posted by コイデ ケンイチ at 02:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

送迎バス事故で11人死傷=運転手、直前に意識失う? −避難直後、車体炎上・大阪(時事通信)

 29日午後6時ごろ、大阪府高槻市緑が丘の市道で、同市の「高槻スイミングスクール」の送迎バスが道路脇にある高速道の側壁に衝突し、運転手とみられる男性が死亡、児童ら10人が負傷した。運転手は急に体調を崩し、直前に意識を失った可能性があるとみられる。府警高槻署は死亡した男性の身元確認を急ぐとともに、業務上過失傷害の疑いも視野に事故原因を調べている。
 同スクールなどによると、バスを運転していたのは大山晃永さん(65)。負傷したのは幼稚園や小学校に通う5〜10歳の男女児9人と、母親1人で、いずれも軽傷という。バスには運転手のほか12人が乗っていた。
 同署などによると、バスは児童らが降り避難した後に炎上した。後続車の運転手は「バスが突然蛇行し始めてセンターラインを越え、対向車線側にある高速の土台部分にぶつかった」と話しているという。
 同スクールによると、大山さんは先月、健康診断を受けたが異常はなかった。ただ1年ほど前、停車しようとした前の車に追突する事故を起こし、同スクールが注意したことがあったという。大山さんは7年ほど前から人材派遣会社から運転手として派遣され、週5日勤務。正午から午後7時半まで、市内の専用のバス停を巡回する複数のコースを1日5〜6回往復していた。勤務態度はまじめで、児童らにも親しまれていたという。 

【関連ニュース】
送迎バス事故で11人死傷=死亡運転手、直前意識失う?
引きずり20キロ、元運転手に一部無罪=走行車線で停車、追突受け発進
「事故起こし逃走した」=米兵聴取、追突認める
下士官の女、米軍が拘束=当て逃げ、飲酒運転か
転覆した車に高速バス追突=中国自動車道、2人死傷

<国交省>男性職員を懲戒免職 共済組合の金を生活費に流用(毎日新聞)
【葬送】川上隆久氏(産経新聞)
逆走82歳男性、高速道で事故死=トラック2台と衝突−山口(時事通信)
<ダム工事>「小沢氏に業者逐一確認」高橋元秘書が初証言(毎日新聞)
泡盛出荷5年連続割れ 焼酎流入など要因
posted by コイデ ケンイチ at 06:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。